幹事の立ち回り

同窓会の幹事をして会場を予約する

学生時代に育んだ友情というのは、とても貴重なものです。
しかし当時しっかりと育んだ友情も、時の流れとともに縁遠いものになる事があります。
結婚や仕事の関係で遠く離れてしまうと、なかなか会うことも出来ません。
それほど親しくなかった相手とは、卒業以来連絡を取っていないという相手もいるでしょう。
学生時代の友人たちと再会したいのであれば、同窓会の幹事をしてみんなに連絡を取ってみる事です。
住所が変わっていれば連絡がつきにくい相手もいますが、どこかで友人同士がつながっていることもありますので、案外連絡はつくものです。
幹事がしなくてはならないのは、参加者を募る事だけではなく、会場の予約をすることです。
あらかじめいつまでに返事を欲しいとみんなに伝えるようにしておき、そこから大体の人数を割り出すようにしましょう。
人数がわかれば予約をしやすくなりますので、大人数が集まれるような大きな会場の確保をすることが必要です。

幹事が予約時に確認する事

一緒に仕事をしている同僚たちとは仕事上の付き合いはしていたとしても、一緒に食事に行ったりのみに行ったりする機会を持つことがないような人もいます。
無理に付き合いをする必要はありませんが、たまには一緒に飲みに行って本音を語り合うというのもいいでしょう。
急に誘いづらいのであれば、忘年会などを開催すれば誘いやすくなります。
自分から幹事を名乗り出れば、同僚たちも参加しやすくなりますので、誘ってみるといいでしょう。
どの程度の規模で開催するのかにもよりますが、同じ部署内だけで忘年会をしようと思う場合には、みんなに伝える事です。
しかし仕事が忙しければ、当日まで参加できるかわからないという人もいるでしょう。
そうなるとお店の予約はどのようにすればいいでしょうか。
幹事が予約をする時には、人数の変更が可能かも確認しておかなくてはなりません。
その場合には、キャンセル料が必要なのかも確認したり、いつまでに伝えればいいのかも合わせて確認しましょう。

check

新宿の耳鼻科
http://www.shinjyuku-jibika-manga.com/

Last update:2016/4/15